任天堂フリーク+

任天堂を狂うように愛するえぬわたのブログ。任天堂以外のゲームも好き。

スマブラカウントダウン残り4日~スマブラDXとの思い出~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

www.nwata-1122.com

 

スマブラカウントダウンに合わせてスマブラとの思い出をつらつら語っていく

 

スマブラSP発売まであと4日

第2回「大乱闘スマッシュブラザーズDX

2001年11月21日

 

大乱闘スマッシュブラザーズDX

今見てもこのパッケージはかっこいい

 

 

進化したゲームモードが好きだった

発売時は64のスマブラを遊んでいた。

例のごとくお金がなく、(5,500円ルール、前回の記事参考)お年玉も合計で7,000円くらい、結局買ったのは2003年か2004年の年末商戦だった気がする。

ゲームキューブ本体購入と同時です。もちろん最初に買ったのはスマブラDX。中古なのに7,000円近くしたのは忘れはしない。

 

自分で買うまではひたすら友達の家でスマブラを遊ぶ日々でした。

 

イベント戦がとにかく面白かった記憶が強い。

「No36宇宙からの訪問者」とか何度も挑戦した覚えがある。サムス、カービィ、フォックス、ファルコン、ファルコ。調べてないですよ。順番までちゃんと覚えている。

あとイベント戦とかフィギュアの説明文ね。すごい好きでした。

 

 

自分で購入しなおしてからはもう一度イベント戦をクリア。

そして友達の家ではあまりやらなかったアドベンチャーモードは個人的にツボだった。

 

任天堂キャラクターの色んな世界を冒険できる。最高でした。

 

フィギュア集めも全部やった。

全キャラでシンプル、アドベンチャー、オールスターとか道は長いし、難易度的にも苦労しました。やっぱりピチューとかねwオールスターなんて終盤3人相手できつくなるから、長時間プレイしてミス、最初からやり直しなんてのがしょっちゅうで辛かった。

 

Very Hardも苦労した。シンプルは複数キャラでクリアできたけど、アドベンチャーはフォックス、ロイ、プリン、オールスターはロイでしかクリアできなかった。

 

色々苦労はしたけどフィギュアも全部コンプリート。

最後にゲットしたのは「ディスくん」

全てのボーナスを得るってやつで、最後に残ったのは「ハンマーを捨てる」そんなのやり方わかんないよっていうw

 

 

ちなみにこの頃から「任天堂のゲーム」を意識するようになった。

2004年にファミコンミニシリーズが発売されたこともあり、メトロイドとかゼルダは次のスマブラが触るまでに遊んだ気がする。スマブラきっかけですね。

 

自分がはまっているうちにとうとう次回作「大乱闘スマッシュブラザーズX」の初報が。2005年末とかでしたっけ。

ここから自分は初めてリアルタイムで発売前のワクワクを味わっていくことになります。

 

→続く

www.nwata-1122.com