任天堂フリーク+

任天堂を狂うように愛するえぬわたのブログ。任天堂以外のゲームも好き。

ドラガリアロスト評価・感想・レビュー~シナリオクリアしたのでアクションの遊び心地をメインに感想です~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コンソールの国内最大手の任天堂スマホ国内大手のサイゲームスがタッグを組んで作り上げたスマホ向けアクションRPG「ドラガリアロスト」。
ひとまず現在配信されているシナリオをクリアしたので、感想を書かせていただきます。

 

f:id:n-wata1122:20181008094344j:plain

 

概要

配信日:2018年9月27日
対応機種:iOSAndroid
ジャンル:アクションRPG
目安クリア時間:15時間(初期シナリオのみ)

 

スマホ縦持ちで、動かした方にキャラが進み、タッチで攻撃(白猫風)
キャラ×属性×ドラゴン×武器×護符というやりこみ要素抜群の育成システム
王道ファンタジーのシナリオです。

 

システムはありがちなスマホゲーの短いクエストクリア形式、重ねて上限解放、要らない素材でレベルアップ、そしてレアリティの存在とガチャ

分かりやすいといえば分かりやすいし、新鮮味がないといえばない。そんなゲームです。

f:id:n-wata1122:20181008101129j:plain

 


アクションの触り心地

f:id:n-wata1122:20181008100855j:plain

このゲームは基本的にサイゲームスが作り、任天堂が監修みたいなイメージ。
iPhoneからしか見られないリンクになりますが、下記リンクにインタビューが載っていますので見られる方はぜひ。マリオカートシリーズのプロデューサーで有名な紺野さんとサイゲームスのディレクター松浦さんの開発秘話です。

ドラガリアロストが ゲームの王道を変える:App Store ストーリー

 

 

アクションの慣性に関してはマリオのダッシュ後に滑るあのイメージ、マルチプレイ任天堂ファミコン2コン時代から心がけてきたことの導入。
そんな任天堂イズムが入っています。


話をドラガリアロストのゲーム内容に戻します。
個人的にこのゲームで一番評価したいと思ったのは「オート操作とマニュアル操作の切り替えのシームレスさ」です。

 

指で動かした方向にキャラクターが進むと言えども、やはり操作のし辛さはあります。思った方向に細かく調整できないとか、指がつかれるとか。
それを解決したのが「オート操作」
基本的にはゴールに向かうし、必要な敵がいれば倒しに行く。
…あれ、それって放置ゲーム?プレイヤーは眺めているだけ?

いやいや。そうではないんです。
オート操作だとアイテムは拾わないし、必殺技は打たない。ダメージ床には突っ込むなど欠点が残されています。
つまりプレイヤーとしては「細かい操作がしづらい移動はオート操作に任せて、細かい回避や必殺技の放つタイミングを自分で決める」ということになります。

この塩梅が最高なんです。

 

私自身スマホのゲームに詳しくないので何とも言えないのですが、オート操作のない白猫プロジェクトにはない心地良さ。

幅広く見れば基本はオートで技の発動は自分で、っていうスマホゲームは珍しくありませんが、ドラガリアロストは移動も非常にシームレスに自分のタイミングで切り替えられるという点も魅力的でしたね。

 

ちなみに4人パーティーで挑むのでリーダー以外はCPU操作で動くのですが、こちらはダメージ床をきれいに回避したり、必殺技を使ったりとそこそこ優秀。
ただそれでも立ち回りがへたくそだったりするので、
自分で使うキャラを瞬時に入れ替えて戦うということができるのもまた魅力。結構難しいですけどね。プレイヤースキル依存のところとレベリングというのがうまくできているアクションRPGです。このジャンルのゲームでは本当にここの出来がポイントになっていると思っています。

 


新鮮味がないけど安定感が売り

このゲームって多くの人が「どこかで見たことあるな」っていう感想を持ったかと思います。

結論から言うと、失礼な話、個人的にはこのゲームを本気で面白い、めっちゃおすすめ、みたいには思っていません。10点満点で言えば7点くらい。
そこそこ面白いって感じですかね。

 

新鮮味がないって反面「既存のゲームの面白いところをひたすらつなぎ合わせた」そんなゲームだと思っています。
それって…面白いゲームになりますよね。
いやむしろそれをうまく組み合わせていること自体が評価にあたるのではないかとも思います。

 

既述ではありますが、
触り心地の良いアクション、PS依存のアクションと深い育成要素の絶妙なレベルバランス、プレイヤーのモチベーションを保つ王道シナリオ、ストラテジー要素をRPGに盛り込んだ聖城、そしてオーソドックスなスマホゲームのキャラシステム。

これがちゃんときれいに組み合わさっている。
だから面白いんですよ。


BGM

www.youtube.com

主題歌はDAOKOさんの「終わらない世界で」
というか主題歌だけでなく、メニュー画面やボス戦、ましてやガチャのBGMまでもDAOKOさんのボーカル入り。非常にテンションを上げてくれる明るい曲です。

ゲームに対するモチベーションを掻き立ててくれます。
もちろんスマホゲームである以上何周も回るステージもあるので、飽きるときは飽きるのですが。
もしサントラ出たら買いたいですね。


マルチプレイ

f:id:n-wata1122:20181008101341j:plain


サービス開始時からマルチプレイ対応。
強敵ボスに4人で挑むというもの。

これがそこそこ面白い。難易度が高めなこともあり。モンハンのマルチに近い面白みですね。みんなでボスに挑み、相手の予備動作に合わせて回避。巨大レイドでは相手の攻撃を抑制するために要所となる箇所の部位破壊を行う。相手が各所にトラップを設けたら分担して破壊しに行く、相手が弱った瞬間にみんなで畳みかける。
そんな面白みがあります。

 

しいて言うのであればパーティーごとの役割分担、今はせいぜいヒーラー一人、あとはひたすら攻撃くらいのものですので、サポート役、タンク役など4人それぞれが違う立ち回りできるようなバランスというか…もちろんカジュアル層の多いスマホゲームでそれが難しいのは分かっているんですけどね。運営側も本当はそうしたいけど、いったん様子見ってところでしょうか。

 

 

今後の運営に関して

人気のゲームと言えば、サービス開始時はサーバーエラーなどでメンテナンスなどが入るものが多いイメージがあります。そういったものがなかったのは、サイゲームススマホゲームのノウハウと言えるのではないでしょうか。クオリティも含め、今後の運営も期待できます。
イベントなり新要素の追加であったり。

 

自分は現在、シナリオをクリアして、ひたすらイベントを回し、育成強化素材集めをしている状態。
レベルが上がっていくのを楽しむゲームである一方で、そのレベルが上がったことを実感しやすいコンテンツが少ないのも事実…というかそういうゲーム性なのかな。

今エンドコンテンツで一番厳しいと思っているのはマルチプレイ。自分の力だけではどうにもならないコンテンツ。
必死でレベル上げても微増のステータスであるため、自分の成長を実感するコンテンツが少ないように思えます。そこをぜひ改善してほしいなと思っています。