任天堂フリーク+

任天堂を狂うように愛するえぬわたのブログ。任天堂以外のゲームも好き。

Nintendo Direct mini 2018.1.11 速報まとめ~2018年前半Switchタイトル感想~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

Nintendo Direct mini 2018.1.11」を公開しました。

 

は?しましたってなんだよ!聞いてないよ!(歓喜の怒り)

 

マリオ+ラビッツ以降発売日が発表されているタイトルがなく、任天堂ファンが「Nintendo Directはまだか」と騒いでいた最中に突然の告知でした。

2018年初っ端のダイレクトは名前に似合わず超ボリューミー。

Nintendo Switchのタイトルだけでこんなになるのかぁという印象(というか3DSはもう新作でないのかな?)

取り急ぎ、DL専売、アップデート情報を除いて速報まとめ&感想です。

 

 

 

すばらしきこのせかいFinal Remix

2018年発売予定

 

原作は2007年にDSで発売されたスクエニRPG

FFのクラウドなどを手掛け、キングダムハーツのディレクターとして有名な「野村哲也氏」がキャラクターデザイン。独特のゲームシステムと深いシナリオで人気を集め、特に海外では高く評価されています。

 

そんな作品のSwitchへの移植。

 

スマホにも移植されたくらいなので1画面になることに不安はないかな。

続編が望まれている作品なのでその布石ではと思ったり。

 

個人的には音楽が非常に良いのは知っていたので、これを機に買おうかな。

 

 

星のカービィ スターアライズ

2018年3月16日発売予定

今回はコピー能力とフレンズ能力の説明。

今までは説明なしのPVでしたので少し込み入ったなという印象ではありますが、結局カービィ本編ですのでもはや説明いらず。

 

Switchを持ち寄ってみんなで遊び、フレンズ能力もとい久々の「ミックス」をみんなで楽しめたらいいなと思っています。

 

カービィ知名度の割にはなかなか売り上げが伸びない作品。Switchの勢いを借りてUSDX以来10年ぶりのミリオン期待しています。

 

あとは音楽が楽しみですね!

 

星のカービィ スターアライズ

星のカービィ スターアライズ

 

 

 

 

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズDX

2018年3月22日発売予定

みんなが予想していたゼルダ無双の完全版。

コーエーお得意のパターン。

とはいえこれだけ追加コンテンツが入って6,800円はやっぱり安い。

自分は追加コンテンツを追えておらず3DS版の追加要素のリンクル編、風のタクト編程度までしか遊べていなかったので、再び買おうかなと(3本目だよ おい!)

 

そして何より、トレジャーボックス的なのが気になります。

オカリナやマフラー、妖精、トライフォースなど結構豪華な特典を付けてきましたから今回も期待していいんですよね?

 

あとあれだ。サントラが今まで出なかったのはこの完全版を待っていたという認識でいいんですよね?楽しみにしてますよ。

 

 

 

 

マリオテニスACE

2018年春発売予定

失礼なことを言うと、最近のマリオスピンオフ系はどうしても伸び悩んでいるイメージがあります。

この前のマリオスポーツミックス然り、マリオ&ルイージRPG1、マリオパーティー100など。とにかく既存のリソースを使いまわしている印象が強いです。

 

ただ今回のマリオテニスはボス戦が入っていたりとちょっと違う印象を受けました。

とはいえやっぱりそろそろマリオにも「アタリマエ」を見直してほしいかなと思っているところです。

 

 

イースVIII -Lacrimosa of DANA-

2018年夏発売予定

日本ファルコムが誇るRPG

2016年にVita、2017年にPS4で出た作品が今度はSwitchで登場。最近は移植やマルチプラットフォームが多くて我が家のPS4の出番がますます減ってしまいます。

 

でもイースってソニーハードの印象が強かったのでどれくらいSwitchで購入するユーザーがいるのかは非常に気になります。

 

ってあれ?これロゴが日本一ソフトウェアやん?

間違ってますよ!!!って公式にリプ打とうとしたら本当に日本一ソフトウェアが発売するという…

詳しい経緯はこちらのインタビューで!

 

日本ファルコム 近藤社長×日本一ソフトウェア 新川社長 両社長が語る、Nintendo Switch版「イースVIII」への道 | 日本一ソフトウェア

 

 

簡単に言うと社長同士がつながっていたから!

人とのつながりって大事だなって思わされるエピソードでした。

 

 

SNKヒロインズTag team Frenzy

2018年夏発売予定

コーエーのデッドオアアライブみたいな印象を受けましたが、解像度もう少し上げてほしかったかな感はあります。

 

あとは任天堂もこういった類のタイトルにも力を入れてきたのだなというか

シノビフリレといい。普通にDirect内で紹介しちゃうんですね。

 

ちゃんとゲームの中身に触れると、キングオブファイターズで有名なSNKですし、ゲームの質は担保されているかと。

そして任天堂に例えるのであればピーチとかゼルダとかロゼッタが戦うってこと?ファン垂涎モノじゃないですか!

 

 

ドンキーコング トロピカルフリーズ

2018年5月3日発売予定

2014年にWiiUで発売された作品の移植。

実は私ドンキーコングシリーズ大好き人間でして、スーパードンキーコング2とか何10周クリアしたんだろうとか。ドンキーコングリターンズも完全クリアして…って人間だったのですが、

コンポーザーに一番好きな作曲家デビット・ワイズ氏、大好きなヒロインディクシーコングの久々プレイアブル。そんなトロピカルフリーズは発売日に購入したものの難易度の高さに絶句し、エリア2で止まっておりました。

そしてこの年末年始でとうとうWiiUをしまってしまった…

 

の後にこれよ!

やはり難易度の高さは気にかけてくれたのか、ファンキーコングという超チートキャラの登場。ライフ5って非常に遊びやすいんですけど。(というか最初からそれくらいで出してほしかった)

自分自身はあまりゲーム上手ではないので本当にこの修正は嬉しかったです。 

 

 

 

やっぱり悔しい気持ちもあるけど、この作品の音楽を全て聞けていないのがそれ以上に悔しかったので。

 

今回のDirectの俺得ベスト1位でしたね。

 

こ、これもサントラ期待していいんだよね。

 

 

Dark Soul Remastered

2018年5月24日

そして最後のサプライズはなんとダクソ

もうスカイリムとか参戦してたから驚かないけど…

とか言ってみたかったけどやっぱりびっくりした。

 

やろうやろうと思っていて、でも任天堂ハードにはないこともあり後回しになってたのでこれは嬉しかったです。

でも難しいゲーム、死にゲーが苦手な自分からするとちょっと抵抗はあります。

ダクソ3が遊びやすいと聞いていたのでそこから入ろうかなと思っていたのですが、どうしましょ。

 

そんなこと考えていたらしれっと裏側でフロムがこんな発表を…

http://www.darksouls.jp/remastered/trilogybox.html

 

PS4で3タイトル全部入り+サントラ山ほどその他秘蔵資料など。

さすがに5万円は新規には高いです。

廉価版のコレクションパック希望です。

 

 

 

 

最後にまとめ

俺得ベスト3は

1位トロフリ

2位ダクソ

3位ゼルダ無双

でした。

 

冷静に考えると半分くらいが移植タイトルという異例のDirect。

結局miniって名前は伊達じゃなかった。

結局開発のしやすさってのは大事なんだねとつくづく思います。

 

 

ただ、2017年にマリオ、ゼルダスプラトゥーンとでかい玉を出し切ってしまった任天堂が心配で仕方がない。今回の発表もどでかいのはありませんでしたし。

2018年はスマブラどうぶつの森ポケモンが出てくれないとかなりきついのではという印象。前者2つに関しては情報0。ポケモンに関してもほとんどないに等しい。

 

個人的には5月まで遊ぶゲームが絶え間なく続きそうなのでいいのですが、ビックタイトルには期待しております。