任天堂フリーク+

任天堂を狂うように愛するえぬわたのブログ。任天堂以外のゲームも好き。

Splatoon2 ヒーローモード評価・感想~ネタばれあり。ラストが激熱な超おすすめなモード~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

発売から約1か月で国内ミリオン突破。

新規IPをヒットさせることが難しいこのご時世にすっかり任天堂の看板となったまだ2歳のスプラトゥーン

 

メインのナワバリバトルはやり込めていないのですが、ヒーローモードを中心に感想を書きたいと思います。

ヒーローモード | スプラトゥーン2 | Nintendo Switch | 任天堂

 

 

概要

発売日:2017年7月21日

ジャンル:アクションシューティング(TPS)

対応機種:Nintendo Switch

目安クリア時間:4時間(ヒーローモード)

 

 

 

ヒーローモード~シナリオ~

 

ヒーローモードとは要するに一人用のストーリーモード。

オフラインで遊べ、操作の基本を学ぶことができます。

 

ちなみに前作のヒーローモードのシナリオはあってないようなもの。あくまでおまけ。

もちろん「ミステリーファイル」という隠し要素を集めることで、シナリオの裏設定というものを知ることができるのですが、シナリオに関してはマリオのようなもの。

ピーチ姫という名のオオデンチナマズを助けに行くお話です。

 

それに対して今回は発売前からの煽りようが尋常じゃなかった。

公式ツイッターによるプロローグの告知。消えたアオリちゃん。着物姿で一人ただずむホタルちゃん。そして敵軍の中にはアオリちゃんのような影。

ハイカラタイムズ | スプラトゥーン2 | Nintendo Switch | 任天堂

上記リンクの一番下でシオカラ小説を読むことができます) 

 

そんな中始まった今作のヒーローモードでしたが意外と中身は今まで通り。

ホタルちゃんがガイドキャラ的な感じになり、ちょくちょくアオリちゃんの名前が出るくらい。アオリちゃんの姿もなかなか見えないため助けに行っている感がまるでない。

あれだけ事前の宣伝で煽っておいてちょっと期待外れでした。

 

とここまで言ったものの、やはり最後は良かった。

後程記載。

 

 

武器の豊富さ

前作のヒーローモードと比較して、ここが改良されていました。

前作はシューター、チャージャー、ローラーの3種類。

 

それに対して本作は

シューター、ローラー、チャージャー、マニューバー、シェルター、スピナー、ブラスター、スロッシャー、ブラシ

となんと9種類。

しかも何が良いかって

各ステージに適した武器を配給してくれるって点です。

 

 

前作は基本的にはシューター向けのステージ構成となっておりました。

そんなステージでローラーなんて使った暁には遠くの敵を倒すのが大変という…。

※正確には通常時はシューター、そしてamiiboを使うことでローラーやチャージャーを使えるようになります。裏モードみたいなイメージですね。

 

しかし本作ではそれぞれの武器にあったステージ構成になっているため、わざとシューターが活躍できるステージづくりであったり、ローラーでもクリアしやすい作りになっていたりと非常に遊びやすくなっています。

しかも自動でステージに適した武器が配給されるため、自分が普段であればあまり使わないような武器を使う機会もあり、新鮮な気持ちで遊ぶことが出来ます。ナワバリバトルへの発見もあるかもしれませんしね。

 

 

 ステージ移動の手間

これは前作に引き続きって感じです。

個人的にはテンポよく各ステージをクリアしていきたいと思うのですが、

ステージごとに入口が隠されており、それを探すのが非常にかったるい。

ゲームのテンポを悪くしています。

f:id:n-wata1122:20171215025348p:plain

例えばドンキーコング64のようにステージごとではなく、エリアごとにホームステージから突入できればよかったかなと思っています。

 

後半戦は特にステージの入口を探すのが難しくなり、それを1つのステージクリアするごとに試みる必要があるのは苦痛でした。

 

 

ラスボス

本作の最大の評価ポイント

(以下ネタバレ)

 

 

 

 

 

 

 

タコワサ将軍の逆襲+闇落ちのアオリちゃんに

主人公(4号)とホタルちゃんで挑む形に。

 

何が良いって音楽と絡めた演出。

アオリちゃんのテーマ「トキメキ☆ボムラッシュ」から始まり、

アイドルコスチュームに着替えたホタルちゃんがシューターを構えて登場。

そのシーンで「スミソアエの夜」が流れ、両者のテーマが入り乱れる「ボムラッシュの夜」に。

お互いの気持ちとテーマ曲がぶつかり合うなか、

正気を取り戻したアオリちゃんと二人で歌う「濃口シオカラ節

最後は前作発売時には存在しなかった最強の武器「ガチホコ」を構え、Splatoon2からの新要素ライドレールでタコワサ将軍を追い詰める。

なんて激アツな展開なんでしょう。

 

音楽に関する細かい感想はサントラの記事で別途語らせていただきます。

ここでは詳しく語りませんがいろいろと考えることがあり、とりあえず泣けます。 

 

 

最後にまとめ

オンラインシューティングというゲームである以上、どうしてもオフラインのストーリーモードはおまけのようになってしまうのですが、このラスボス戦のためだけにも遊ぶ価値があると思っています。

特に前作遊んだことある方、シオカラーズに思い入れのある方こそぜひ遊んでみてほしいですね。

 

 あ、最後に関係ないことを

和服ホタルちゃんも好きだけど、ミウラが好きです。(ヒーローモードには出てきません)

f:id:n-wata1122:20171215025709p:plain